家族でアロマタッチ

先々週、娘に誘われて日本エッセンシャル協会主催のアロマタッチ講習会に参加してきました。

 「家族のためにアロマタッチを覚えましょう。」という主旨のものです。
  娘はすでに認定を受けていて、夏に帰ってきたときに、私にアロマタッチをしてくれたのですが、今度は「お母さんが覚えて、私にやって」と言うので、私も参加してみました。
画像

 その先生の講習会は100人待ちとのことですが、偶然キャンセルが出たため参加できたという次第です。アロマタッチはマッサージとは異なり、オイルを体に浸透させることで様々な効果が期待できます。
画像

◆ストレスの緩和 ◆免疫力の向上、◆炎症や痛みの緩和◆自律神経の調整の4つのステップで施術を行うことで、心身ともにバランスのとれた身体へと調整していくものです。脊柱から体内に染みこんだオイルは、血液にのって全身をめぐり内臓や様々な器官、細胞の隅々まで届き、機能の向上、免疫力のアップ、ホルモンバランスの調整、組織の再生、解毒促進などを行ってくれます。
画像

そして、使用するオイルは8種類
◆ストレスの緩和の段階では
①<アースリズム>スプルース、ローズウッド、フランキンセンス、ブルータンジー
②<ラベンダー>
◆免疫力の向上の段階では
③<ティートゥリー>
④<オンガード>ワイルドオレンジ、クローブ、シナモン、ユーカリ・ラジアータ、ローズマリー
◆炎症や痛みの緩和の段階では
⑤<アロマタッチ>バジル、グレープフルーツ、サイプレス、マジョラム、ペパーミント、ラベンダー
⑥<ディープブルー>ウィンターグリーン、カンファー(樟脳)、ペパーミント、ブルータンジー、ブルーカモミール、ヘリクリサム、オスマンタス(金木犀)
◆自律神経調整の階では
⑦<オレンジ>⑧<ペパーミント>

なんと贅沢なオイルでしょう。
オイルの順番を間違えないよう、順序よく8行程40分位の施術を行うものです。

先生の講義を聴いた後、実際に3人一組でアロマタッチを体験しました。
そして、その後・・・・・
画像
3人にアロマタッチを行い、感想を書いて頂き、その用紙を送るとアメリカのDr.ヒルから、認定証が届くというものです。

そして、昨日、今日とお友達にアロマタッチをしてあげました。

「えっ?」お布団の上で?

いいえ、アロマベッドが届いたのです。折りたたみ式で1万円というのだから安いですよね。
画像

りビングにはおけないので、和室におきました。折りたたみ式で持ち運びもできる簡易なベッドです。

家族や友達にしてあげれたらいいなあと思っています。

まったく新しい世界が開けたみたいです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック