インタビュー記事です。その2

最近、インタビュー記事が多くて、なかなかついていけません。かなりチョイスしています。

以下、記事ですが、あいかわらず、わかりづらいところはお許しくださいね。
画像

外国人や吸血鬼の役割を本当にやってみたい。そのような キャラクターが好きです。」
このように気さくに話す彼女のことを、「外国人だ」、「ヴァンパイアだ」という噂が一体どこから出てきたのだろうか。大衆とあまり、間近に会って来なかったために、俳優イ・ジアが「神秘主義」だというイメージができてしまったからだろう。
画像

もちろん、彼女けしては多作ではなかった。特に スクリーンでは。
「太王四神記」(2007年)、「ベートーベン ウイルス」(2008年)、「アテナ-戦争の 女神」(2010)などブラウン管では大型の 作品を披露したが、スクリーンでは見た記憶がない。イ・ジアは"作品は 縁だと思う」と述べた。
"作品を選ぶ基準が厳しいわけでもありません。「一年に一つだけにしくちゃ」と心に決めたことはないが、これがうまくできないことになりました。
画像

一つの準備をしているちに、他の一つを逃し、準備していたのがなくなってしまうこともあって。
だから作品は、縁だと思いますよ。」
画像

そんな彼が韓国映画でも久しぶりのジャンルである ミリタリースリラー「ムスダン」(監督ランニング)で帰ってきた。
画像

映画の中でイ・ジアは女性将校役を引き受けた。「ムスダン」は、非武装地帯で行われた謎の事故を暴くために最精鋭特任が繰り広げる 、24時間の死闘を描いた作品だ。
画像

イ・ジアは軍人として冷徹さを守りながら仲間を暖かく見守る女性軍人の役割を立派に演じ​​た。最初のスクリーン 出演で少し意外なジャンルを選んだ理由について、イ・ジアは「世の中に知られていないことを暴いていくというのが興味深かったし、女性将校が国家機密事件に入るのも素晴らしいことに見え、そのような単純な理由が大きかった」と述べた。
画像

それと共に、彼女は「このような素材に、このようなキャラクターに、また女性が主人公の作品があまりなかったのではないか」とし「私は映画の観客を集めなければならないという負担感が大きかったが良い機会だと思った。」と付け加えた。
画像

イ・ジアは最近、韓国映画界が男性俳優が活躍することができる映画を中心に創られていることに対する物足りなさものぞかせた。」女優がチームトップまたは主人公の映画が多くない。
画像
また、そのような映画をあまり見てくださらないから、よりそのような映画が減ると思います。
ハリウッドでは、女優たちが立ち上がって「取る役割がない」と公然と文句をしたりするために、女性が力を出して考えてなければなら時が来ています。
画像
私たちの国でも、女優と男優の立場が似てなければならないのに残念です。」彼女は男性俳優たちに囲まれた「ムスダン」の撮影現場も回想した。
画像
男たちの「軍隊の話」を耳にたこがでるほど聞いた。「何が理由か、俳優たちは集まっただけで、毎日、軍隊の話をしましたよ。最初はおもしろく聞いて、後はそうではなくなった。「何の話か」と尋ねても、そのまま流しそうでした。」
画像

俳優としての欲は「イ・ジアを思い出すとどのどのような作品かが浮かぶようになって欲しい。」と言った。彼女は「イ・ジアを考えると、今では、他のものが浮かぶようだ。」とし「それが俳優として気に障る」と述べた。
画像
「完全おどけ」のような誇張された 演技をする役割もしてみたいと話した。」「三回 結婚する女)」の次の作品に「ムスダン」を選択し、完全に他の演技をするために挑戦でした。その隙間が大きかったが、今後どのような役割でも「ある程度うまくいっているようだ」という信頼を与える俳優になりたいです。」jinlee@heraldcorp.com
画像


女優であるのに、本業の作品のことではなく、過去のスキャンダルのことに注目されてしまうのが、残念なのだと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック