インタビュー記事その3

インタビュー記事です。
画像

3日に公開された映画「ムスダン」に出演したイ・ジアは、自ら破らなければする壁がいくつかあった。まず、大衆の先入観である。
これまで彼を取り囲む問題で作られた壁といっても過言ではない。
画像
イ・ジアは俳優であるよりは、一人の有名人という認識が強い。これまで、対外露出を自制してきたからコミュニケーションが困難な人というイメージも上書きされている。
画像

今、彼女の視線を正面に見据えた。公式映画初主演作だったし、自分自身について疑問を抱いている人々に向かって、「元気ですか」とのコミュニケーションするためでもある。
これを証明するかのよう去る2月29日、ソウル三清洞のあるカフェで会ったイ・ジアが最初に発した言葉「隠れていたわ ​​けでもなく、それしかなかったことを理解してほしい」というものだった。
画像

映画で登場する戦闘シーンは、江原道楊口などで撮影された。蒸し暑い夏の撮影であったため、俳優たちは暑さに苦労したりもした。
画像

イ・ジアは、他の俳優に劣らず厳しい表現をしていないが、脱水症状で病院の世話にもなった。

今回の映画でイ・ジアは新油絵中尉を務めた。部下に認められている上司であると同時に与えられた状況を自ら乗り越えていこうとする主体的な人物である。
画像

非武装地帯に出没する怪生命体「ムスダン」を探して削除するのが主な任務だ。
ドラマデビュー作<太王四神記>(2007)をはじめ、「アテナ:戦争の女神>(2010)などでアクションをよく消化し ​​たのだ。江原道楊口などを飛び回って撮影しながらイ・ジアは、自分の演技が"偽に見えるかどうかを最も恐れているのだ。
画像

「普段軍隊の話や文化に大きな関心がなかった」が、「誰よりも軍人らしく」したので一緒に出演したキム・ミンジュン以下、複数の俳優たちと話を交わした。
画像

しかし、イ・ジアは「どうしても経験していない生活なので、理解するのに限界はあった」と伝えた。

「何か世の中に知られるべき謎な事件を女性将校として暴くというのが興味深かったです。シナリオを読んで一日で決定しましたよ。親しい製作会社代表様がお勧めすることでもりましたから。
画像

男たちが軍隊の話をすると嘘のようでした、今回自ら体験しながら本当に大変だという考えをもちました。

私をのぞいて、他の俳優たちがお互いに軍隊経験を話しますが、毎日新しい物語が出てくるんですよ。自分たち同士で盛り上がっているときはちょっと寂しかった。

画像

軍服は?不思議なのが軍服は寒 ​​い時は寒くて暑い時はより暑くなるんですよ。

蚊はまた、どのくらいの強いでしょう。軍服を突き抜けると聞きました(笑)。

愚かにも現場で暑さで倒れました。」事情を付け加えた。


ソテジの出会いと離婚、デザインを専攻したエリート、シナリオ作家。イ・ジアをめぐる事件と修飾語である。デビュー初め一緒に出演した俳優ペ・ヨンジュンとの熱愛説が流れたりもした。

新人として対面するのは難しいと思われる事件と視線をイ・ジアは黙々と過ぎてきた。当時イ・ジアの所属事務所は、いくつかの問題に消極的に対応したり、誤った情報を流すなど、一部の関 ​​係者からクレームを買うこともした。
画像

これに対してイ・ジアは「私は1つ1つ解いていく問題」と述べた。
多分その直後にすぐに作品を通してコミュニケーションすれば良かったはずなのにそうでなかったんですよ。

人々が俳優としての私を心配すべきなのにそれは違ったではないですか。 知られている人として体験することになる色々ことがあって、それが大変でした。それでもひたすら座っているしかなかったんですよ。

しかし、私はやりたいことが明確にあります。演技する瞬間は、この上なく楽しいんですよ。だからシナリオを書くとかデザインをするとかのような言葉はよくないですよ。理解してください。

シナリオ書くこと?今ないです(笑い).

多くの作品をに出演しながら、他の面だけとても浮び上がってはいけないように思います。

神秘主義でもなくて今見える自分の姿が本来の私です。

2003年度までアメリカで勉強してデザイナーを志望したイ・ジアは演技者になったことに"運命的出会い"と表現した。 夢を激しく探して身を投げる人がいる。また、近づいた運命を黙黙と受け入れて一つずつ証明しやり遂げる人がいる。 イ・ジアは後者に近い。
画像

"延期するのが幸せです。 あたかも運命のように始めたことで、少しずつ陥ることになりましたよ。 性格自体が注目されるのを好きな方ではないがカメラの前では欲が出ましたよ。 事実何かならなくちゃ! して考えたのはなかったです。 私がちょっと計画的でないです(笑い). そのまま今日一日忠実に楽しんで生きるとすぐに主義(注意)です。 何かが好きでしてみるならば何かになると考えています。 今日もそうで!"
画像


一連の試練がイ・ジアの勝負欲を起こした。 本来「自分に自信があったわけではないが、その間体験した仕事によって心の中に丈夫な何かができた。」と彼がおわりに告白した。

デビュー10年目を迎えた今イ・ジアが始動をし始めた。


俳優なのに、俳優として認知されるのではなく、それ以外の部分で認知されるのは、俳優として、とても残念なことなんですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック